不妊症のための鍼灸治療(妊娠しやすい体をつくる総合はり治療)千里堂治療院
 

不妊治療の効果 「針で」大幅改善

新聞記事
 体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に針治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋市の明生鍼灸院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。

 49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。

 不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。

 報告された114人の治療実績は、1998年2月〜2006年6月に、同鍼灸院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、治療は、週1〜2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。


2006年(平成18年)11月10日 夕刊 讀賣新聞より

≫「治療方針・目安」のページへはこちらをクリック

 
 

ハリ治療で妊娠率アップ

新聞記事
 体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせるハリ治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。

 米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精を受ける女性百六十人を二グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。

 その結果、ハリ治療グループの妊娠率は42.5%に上り、通常治療の26.3%を大幅に上回った。体外受精の妊娠率は、高くても三割程度とされ、繰り返し治療を受けるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。

 妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。


2002年(平成14年)4月30日 夕刊 讀賣新聞より


≫「治療方針・目安」のページへはこちらをクリック

 
 
「こうすれば病気は治る−心とからだの免疫学− (新潮選書・安保徹 署)」から一部ご紹介します。

こうすれば病気は治る−心とからだの免疫学−

習慣性流産・不妊はこうして起きる

 〜前略〜

 顆粒球過剰でリンパ球が少ない人たち、いわゆる腰やお腹が冷えている人たちの血流を鍼治療によって増やし、温かいお腹にしてあげるからなのだ。また、鍼治療だけでなく、日ごろから過度の冷房を避け、あまり薄着をしないなどの工夫をして、とにかく血流を増やすことを心がけるのも大切である。それと同時に、生活パターンに無理があって交感神経緊張状態になっている場合には、それを改善する必要がある。

 人工授精の場合にも、鍼治療を行なってからのほうが着床率がぐんと上がる。人工授精の場合は受精は体外で行なう。問題は、受精卵の着床率が低いことである。不妊に悩む人たちは、着床率が非常に悪い。

≫「治療方針・目安」のページへはこちらをクリック

 
 
「不妊ストレスに負けないで! (主婦の友社・バルーン特別編集)」から一部ご紹介します。

不妊ストレスに負けないで!

鍼灸治療で5年目にして授かりました

 結婚がおそかったので、すぐに赤ちゃんがほしかったのですが、半年ほどしてもできなかったので、不妊治療に通い始めました。実は20代前半のころ、生理痛がひどかったので受診したときに、軽い子宮内膜症があるから、子どもは早くつくったほうがいいよ、と言われていたのです。病院で検査をしてもこれといった原因はなく、排卵誘発剤とタイミング指導を受けることになりました。

 でも、薬の副作用で吐いたり頭痛が出たりしてつらかったことに加え、おなかの大きな妊婦さんにまじって待合室にすわっていることも苦痛で、だんだん治療がストレスになってきました。それに、排卵日を気にするあまり、ふだんはとても仲のよい夫ともぎくしゃくとしてきて、「おれは種馬じゃない!」と言われたりして、ストレスはたまるばかりでした。

 通院している間、ほかにもいろいろ試しました。子宝祈願はもちろん、体質改善のために整体や気功に通い、食生活も無農薬のもの選んで栄養のバランスにも注意し、酵素やビタミン剤も飲みました。でも、毎月、基礎体温が下がるたびにため息が出ました。

 結局、通院も整体や気功もやめ、基礎体温をグラフにつけるのもやめました。夫とも「夫婦ふたりでいいよね」と話せるようになり、旅行を楽しんだり、趣味を仕事にしようと器材を買い込んだりして、新しい生活に意欲を燃やしていたやさきでした。生理がこないので妊娠検査薬を使ってみたら、くっきりと妊娠反応が。正直言って、「エッ、いまさらどうして?」。せっかく描いた将来図がふいになり、一時は落ち込んでしまいました。

 実は治療をやめたあと、鍼灸マッサージに通っていたんです。昔からよく下痢や腸炎になり、病院で免疫力が低いと言われたこともあって体質改善のために始めたのですが、不妊のことを話したら、鍼灸は不妊にも効果があるのよ、子どもをつくる前に体をつくらなくちゃね、と言われたのを覚えています。1年半通ううちに、疲れにくくなって冷え性も生理痛も軽くなっていました。だからあの鍼灸マッサージが効いたのだと思います。

山梨県 吉住珠美さん(35才 女児出産) 結婚歴/5年(夫35才) 主な原因/機能性不妊症 
治療歴/3年半 タイミング法 ホルモン療法(病院数1軒)

≫「治療方針・目安」のページへはこちらをクリック

 
 
このページの最上部へ戻る